有料老人ホームの種類!介護付き、住宅型、健康型の違いと特徴!

有料老人ホームとは?

そもそも、有料老人ホームの定義は?

有料老人ホームは、高齢者の方々が健康を保ちながら安心して暮らせるために必要になってくる下記いずれかのサービスを1つでも提供している住まいの事を言います。

提供サービス

  • 食事
  • 介護
  • 家事
  • 健康管理

そして、有料老人ホームには、いくつかの種類が存在します。

今回は、そのなかでも代表的な3つの有料老人ホームについて、簡単に比較していきましょう。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホーム

一般的に「介護付き」と言われる老人ホームにも、明確な定義があります。

特定保健制度上の「特定施設入居生活介護」の指定を都道府県から受けている高齢者施設、これが「介護付き有料老人ホーム」と言われている施設になります。

サービス

  • 生活支援
  • 身体介護
  • リハビリ
  • レクリエーション
  • 食事サービス
  • 緊急時の対応
  • その他

介護付き有料老人ホームの分類

介護付き有料老人ホームには、その介護の提供の方法で2つに分類されます。

一般型

施設の職員が介護サービスを行う

外部サービス利用型

外部の事業者が介護サービスを行う

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームとは、家事サポートや食事等のサービスが付いた高齢者施設です。

自立した状態の高齢者が対象となり、温泉やスポーツ施設などが併設されている場合も多く、アクティブに老後生活を送りたい方々には向いていると言えるでしょう。

ただ、気をつけなければいけない点は、要介護となった場合は、契約が解除されて他の施設に移動する事になります。

サービス

  • 家事サポート
  • 食事サービス
  • 緊急時の対応
  • その他

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは、食事、洗濯、清掃等の生活支援サービスが付いた高齢者施設です。

株式会社BISUCUSS(ビスカス)が運営する老人ホームも「住宅型有料老人ホーム」となります。

サービス

  • 家事サポート
  • 食事サービス
  • 緊急時の対応
  • その他

住宅型有料老人ホームの特徴

住宅型有料老人ホームの特徴としては、要介護となった場合でも健康型有料老人ホームのように施設が退所する必要はありません。

ただし、介護サービス事業者と契約することになります。

特徴1

老人ホームのスタッフが介護サービスを提供することはありません。

特徴2

入居者が要介護になった場合は、訪問介護などの在宅サービス事業所と契約する必要がある。

特徴3

在宅サービス事業所のスタッフによる介護サービスを受けながら施設で生活をすることができます。

最後にまとめ

ここまで紹介してきた3つの有料老人ホームの特徴を理解した上で、ご自身に合った施設を検討してみてはどうでしょうか?

既にご案内したように、株式会社BISUCUSS(ビスカス)では「住宅型有料老人ホーム」を運営しております。

ご興味のある方は、下記詳細ページをご覧になってください。

それでは次回お会いするまで、さようなら!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です