介護休暇と休業の違いは?条件や活用方法を徹底解説!

介護休暇と休業の違いを知りたいという方は多いのではないでしょうか。

今回は「介護休暇と休業の違い」、その疑問が解消できるよう、介護休暇と介護休業の制度や活用方法を解説します。

具体的には、「介護休暇と休業」の制度について

  • 対象者や取得条件
  • それぞれの給与や期間の違い

これらを比較しながら、労使協定や配偶者を含む家族の対象範囲についても触れていきます。

さらに、企業別の取得ケースも紹介していきますので、「介護休暇と休業」をどのように活用したらいいのか具体的に理解できるようになるでしょう。

これらの情報を参考にしていただき、家族と仕事の両立を図って経済的にも精神的にも充実した生活を営める手助けになれば幸いです。

介護休暇と介護休業の違いとは?

介護休暇と介護休業は、どちらも高齢や障害がある家族のケアに必要な時間を確保するための制度ですが違いがあります。

  • 介護休暇は所定の労働時間内で休める単位制の休暇で一般的には有給
  • 介護休業は長期にわたる休業で賃金は支給されないが雇用は保証される

また、対象となる家族の範囲や休暇の取得方法が異なるため、それぞれの制度と活用方法を理解し、状況に応じて適切に利用することが大切です。

介護休暇の制度とその活用方法

介護休暇は、労働者が家族の介護や看病で休むことができる有給の休暇です。労働基準法や厚生労働省の指針により、多くの企業で取得が可能となっています。

以下が一般的な取得条件になります。

対象家族 配偶者・子・父母・兄弟・祖父母・孫
日数 年間10日以内

取得方法は、所在する会社の規定や協定に従い申請手続きを行ってください。

事前に申請が必要な場合や、所定の書類を提出する必要がある場合がありますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

介護休業の制度とその活用方法

介護休業は、家族の介護に必要な期間は休業を選択することが出来る無給の休業制度です。介護休業法により、従業員は最長で93日間の休業が認められています。

以下が一般的な取得条件で

対象家族 配偶者・子・父母・兄弟・祖父母・孫
期間 最長93日間

取得方法は、所在する会社の規定や協定に従い申請手続きを行います。

休業開始の1ヶ月前までに申請することが原則ですが、急な状況にも対応できるよう柔軟な対応が求められています。

給与や期間の違いを比較して解説

介護休暇と介護休業の主な違いは給与の支払いと期間です。

介護休暇 有給、年間10日以内
介護休業 無給、最長93日間

給与面では、

  • 介護休暇は有給だが休業期間が短く状況に応じて自由に取得できるのが特徴
  • 介護休業は無給だが休業期間が長く家族の介護に集中できるのが特徴

また、対象家族の範囲も異なるため、状況に応じて適切に利用することが重要です。

介護休暇・休業の取得条件や対象者

介護休暇・休業の取得条件や対象者

介護休暇や休業を取得する対象者は、家族が要介護状態にある場合で、労働省が定める基準に従って会社に申請が必要です。

介護休暇 配偶者、父母、祖父母、兄弟、姉妹、子、孫
介条件 会社の協定や規則に従い、所定の方法で取得し、制度を活用

各企業や事業所が、労働省の厚生労働省指針に沿って、社員が介護と仕事の両立が可能になるように支援を行っています。

また、休暇期間や手続きの方法についても、会社や労働省のサイトで確認する必要があります。

介護休暇の対象者と必要な手続き

介護休暇は通院や手術など短期間の介護が必要な場合を対象にしています。

対象者については前述の通りですが、それぞれの会社の規則に基づき、対象者以外でも休暇の取得が許可される場合があります。

手続きとしては事前に必要書類の提出や上司への相談が必要ですが、労働省が提供する情報やサービスを利用することで、手続きを円滑に進めることができます。

介護休業の対象者と必要な手続き

介護休業は長期間の介護が必要な場合を対象にしています。

対象者については前述の通りですが、それぞれの会社の規則に基づき、対象者以外でも休暇の取得が許可される場合があります。

手続きとしては事前に必要書類の提出や上司への相談が必要ですが、労働省が提供する情報やサービスを利用することで、手続きを円滑に進めることができます。

労働省の介護休業給付金制度について

労働省は、介護休業を取得する際に給付金を支給する制度を設けています。

この制度により、介護休業中でも一定の給与を得ることができる。

給付金の支給条件や金額は、労働省が定める基準によって決定されます。

また、労働省のサイトや事業主が提供するサポートを活用することで、給付金制度の利用がスムーズに進められることが期待されます。

労使協定や配偶者のを含む家族の対象範囲

介護休暇や休業の制度は、厚生労働省が定める労働基準法に基づいて、労働者が家族の介護を行う際に利用できるものです。

対象となる家族には、何度も述べていますが「配偶者、配偶者の父母、自分の父母、祖父母、子、孫、兄弟姉妹」が含まれます。

ただし、対象範囲は労使協定によって異なる場合がありますので、具体的な範囲は自分の勤める会社の労使協定を確認する必要があります。

また、一部の企業では、労使協定によりさらに広範な家族が対象とされることがあります。

これは、法律が定める基本的な対象範囲に加え、労使間の協議によって拡大された対象範囲が適用される場合です。このような場合は、労使協定を熟知し、適切な手続きや申請方法を理解することが求められます。

労使協定を活用した介護休暇・休業の取得

介護休暇・休業の取得において、労使協定は非常に重要な役割を果たします。

労使協定は、

  • 労働者と雇用主が共同で取り組む労働条件やサービスに関する合意事項を定めたもの
  • 内容によっては、介護休暇・休業の取得方法や期間や支給条件などが変わる可能性がある

労使協定を活用することで、労働者は自分にとって最適な介護休暇や休業の取得方法を選択できますし、雇用主は労働者の働きやすい環境を提供することができます。

労使協定の内容を確認し、必要に応じて労使間の相談を行いましょう。

配偶者や祖父母、兄弟などの対象範囲

法律が定める介護休暇・休業の対象範囲には、配偶者や祖父母、兄弟などが含まれますが、企業や労使協定によっては、より広い範囲の家族が対象とされることがあります。

具体的には、

  • 祖父母の配偶者
  • 兄弟姉妹の子ども
  • 姪甥、いとこ

などが対象となることがあります。

労働者が介護休暇や休業を取得する際には、対象家族の範囲を確認し労使協定に従って手続きを行う必要があります。

また、対象範囲や手続きに関する情報は、会社の人事部門や福利厚生担当者に相談することで解決できるケースも多いようです。

企業別の介護休暇・休業取得ケースの紹介

企業別の介護休暇・休業取得ケースを紹介します。具体例として、

例)会社A 取得可能な介護休暇は、所定の申請書を提出し所定の期間内に取得できる。
また、取得期間は通算して最長で3ヶ月までと定められている。
例)会社B 介護休業制度として最長6ヶ月の休業が認められている。
労働者はその期間中に最大6ヶ月間の無給休業を取得でき、雇用保険の介護休業給付が支給される。

各企業のケースを見ると、介護休暇・休業取得の条件や期間は企業ごとに異なります。

労使協定や福利厚生制度を活用して、労働者が家族の介護や仕事との両立ができる環境を整えることが重要となるでしょう。

労働者は自分の働く企業の制度を理解し上手く活用することが求められます。

ある会社の具体的な取得事例を解説

ある会社では、介護休暇制度が実際に活用されており、その効果が社員の働きやすさにつながっています。例えば、

会社員Aさん

祖父母の介護が必要になった際、会社の介護休暇制度を活用し、1ヶ月の休暇を取得した。その期間中、祖父母の状態を安定させるために通院や施設の手続きを行い、精神的な負担を軽減することができた。

会社員Bさん

育児と介護の両立が難しくなったため、短時間労働制度を利用。労働時間を短縮し、家族のサポートに充てることができた。

この会社では、介護休暇の取得方法や期間、手続きについて、社員が確認できる情報が整備されており、必要に応じて適切な制度を活用できる環境が整っていたようです。

特徴的な企業の取得事例を紹介

一方、特徴的な企業の取得事例として、従業員数が多く高齢者や障害者の雇用が積極的に行われているある企業があります

このような企業では、。

  • 介護休暇制度に加えて高齢者や障害者向けの特別な支援制度が設けられている
  • 介護負担が大きい場合や通院が必要な場合、単位時間で休暇が取得できる柔軟な制度が導入されている

具体的として上げられます。

また、介護や仕事の両立をサポートするための専門家による相談窓口が設けられており、個別のケースに応じたアドバイスが受けられる場合もみうけられます。

このように、企業ごとに特色を持った取得事例があり、労働者が働きやすい状況を整えることで企業全体の生産性向上につながっているとも言えるでしょう。

介護休暇・休業をうまく活用

これまで述べてきた事例からも分かるように、介護休暇や休業制度は労働者にとって大変重要な制度です。

適切な制度の活用により、労働者は介護や仕事の両立がしやすくなり、企業も生産性を向上させることができます。

今後、更に高齢化が進む中で、介護休暇や休業制度を適切に活用し、働きやすい環境を整えることがますます重要になるでしょう。

ぜひ、あなたも自分の会社の制度を確認し、必要な場合は活用してみてください。

また、制度について分からないことがあれば、厚生労働省や労働局などの窓口で相談が可能です。制度を理解し適切に活用することで、介護や仕事の両立がスムーズに進められるのではないでしょうか。

施設紹介

サービス付き高齢者向け住宅HIBISU合志
サービス付き高齢者向け住宅HIBISU合志
介護付き老人ホームHIBISU(ハイビス)一宮
介護付き有料老人ホームHIBISU一宮
HIBISU伊丹trust外観
サービス付き高齢者向け住宅HIBISU伊丹trust
住宅型有料老人ホームHIBISU八尾
住宅型有料老人ホームHIBISU(ハイビス)八尾

Follow me!

投稿者プロフィール

BISCUSS
BISCUSS
株式会社BISCUSSが運営する「HIBISU」では、高齢者の皆様が安心して自分らしいライフスタイルをすごしていただけるよう努めております。
https://www.biscuss.co.jp/

採用情報

RECRUIT