老後に田舎暮らしをするなら!移住の前にチェックしておきたいポイント

老後は田舎暮らしをしてのんびり過ごしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、すぐに移住を考えるのではなく、しっかりとチェックしておきたいポイントがいくつかあります。田舎暮らしのメリットだけではなく、考えられるデメリットまでよく理解してから移住を考えると安心です。
そこで今回は、移住前にチェックするべきポイントをご紹介していきます。

スーパーや病院などの設備が少なく不便

老後のことを考えて老人ホームに入居しようか悩んでいる方もいるでしょう。
そんな中で、田舎暮らしに憧れを抱いている方もいるかもしれません。

そういう方にとって、のんびり過ごせる田舎暮らしはメリットもありますが、スーパーや病院などが近くになくて不便な思いをしてしまう可能性も考えられます。

移動手段が車になってしまう

田舎では電車が走っていなかったり、バスの本数が少なかったりするなど、移動手段が限られている場合があります。
そうなると基本的に車での移動を余儀なくされてしまうので不便です。

また、高齢者の運転はリスクがあるため、タクシーなどを利用することになるかもしれません。
このようなデメリットも踏まえて、どうやって移動するのか考えておくといいでしょう。

親しい人に会う機会が減る

田舎暮らしをすることになっても、家族や親しい友人などと定期的に会いたいと思っている方もいるでしょう。
しかし、今まで住んでいたところから離れた田舎に移住することになったら、親しい人たちと会う機会がぐんと減ってしまいます。
それにより孤独感を覚えてしまい気分が下がる可能性があるので注意が必要です。

移住先を選ぶときのポイント

田舎暮らしのための移住先を選ぶときのポイントとしては、生活のしやすさが挙げられます。

例えば、歩いて行ける距離にスーパーがあるかどうかも大事なポイントになるでしょう。
また、老後の田舎暮らしということで、病院に行きやすいかもしっかり確認しておくことが必要です。

他には、今まで住んでいた場所からのアクセスのしやすさも意外と大事なポイントになります。
アクセスしやすい場所なら家族や友人とも気軽に会えるようになるのではないでしょうか。

移住先の候補がいくつか上がったら、実際に足を運んでその土地の空気を感じてみると選びやすいです。

まとめ 今の家も暮らしやすいかも?

移住を検討するときは、今の家での生活とどちらが自分にとって快適なのかをよく考えるようにしましょう。
色々と考えていく中で、案外今の家も暮らしやすいかもしれないと気づくことだってあるはずです。

また、自分の意思だけで決定してしまうのではなく、家族の意見を聞いたりしながら良い答えを見つけていけば後悔しないのではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。